筆ペンでイラスト上達!新『猫』の描き方3つのコツ【②浮世絵風筆入れ編】

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

はいどうもIWAっす!

 

前回の【下描き編】に引き続き、
猫ちゃんイラストのコツを
ガッツリと練習していきましょう!

今回は【筆入れ編】ということで、
筆ペンの基本的な描き方で
より和風・浮世絵風の雰囲気が出せる
猫ちゃんの3種類の描き方を紹介します。

 

この記事は

・イラストに浮世絵や和風っぽい雰囲気を出したい

・筆ペンで色々な毛の描き方のコツが知りたい

・猫のイラストをより味のあるものにしたい

といった人に
チャレンジしてもらえると、
とてもいい練習になると思います!

 

今回使用する画材は筆ペンだけ!
描きし損じた際には修正液もあるといいですね

どちらもコンビニで調達できるので
良心的っすね〜^^

 

また、下描きの上に
トレーシングペーパー(透写紙)を
重ねると何度も練習できるので
手元にあると尚良し!でございます。

最近では、
ダイソーなどの100円均一にも
置いてあるのでこちらも手軽に
入手することができます。
イイジダイダナ〜!

 

それでは早速始めましょう!

 

 

他のステップを勉強したい方は
こちらからどうぞ!

【①下描き編】

【②筆入れ編】←*今ココ*

【③色塗り編】

 

柔らかい猫っ毛のイラストを筆ペンで描く時のコツ

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

まずは上のような
一番基本的な猫っ毛を描いていきしょう!

鉛筆で書いた下描きの線に沿って
筆ペンで上から描画していきます。

 

猫っ毛をマスターすると
ノーマルイラスト・浮世絵風イラストの
どちらにも応用することができ、
色々な動物の毛の表現にも使えるので
Let’s Tryっす〜!

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

描き方のコツは、
筆先を軽く紙に付け
カーブを描きながら
外側にサッとはらう感じです。

下描きの線に沿ってテンポよく
一本ずつ短い毛を生やしていく
イメージですね。

この時に、
筆ペンを握っている方の手の
小指球(しょうしきゅう)』と
呼ばれる部位を紙にピッタリと
密着させます。

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

こうすることで、
線がブレるのを防ぎ
筆先に安定感が生まれます

手を浮かせて描いてしまうと、
腕の振動がダイレクトに
筆先に反映されてしまうため、
線の太さが均一になりにくく
とても描きにくいので注意しましょう。

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

この時の描き方のコツは
密着させた部分を軸にして、

筆ペンを支えている3本の指
(親指、人差し指、中指)で
筆先を動かすイメージです。

密着させた軸が安定している分、
指先の繊細な動きを筆ペンで
ダイレクトに表現することができます。

これはやや練習が必要になると
思うので、いらない紙に何度か
試し描きしてからトライしてみましょう!

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

また、
実際に猫や動物の写真を
見てもらえば分かる通り、
動物の毛並みはとても規則的に
生えています。

そのため、イラストを描く際にも
体の動きに沿って
毛に角度をつけることで
より生き生きとした毛の表現が
可能となります。

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

例えば背中部分は、
肩からお尻部分の丸みに沿って
毛の傾きに徐々に角度を出してみてください。

こうすることで、
ボディラインに沿った
なめらかな毛の動きを
表現することが出来ます。

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

全体の毛の流れはこんな感じに
描くとGOODです。

頭頂部と耳以外
斜め下に向かって毛を生やし、
全ての毛が均一な長さになると
全体がすっきり綺麗に見えます。

少し細かい作業になりますが、
じっくりこだわって描いてみましょう!

 

剛毛はこう描け!筆ペンで強弱をつける描き方

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

柔らかそうな猫っ毛から一転、
今度は針のように尖った
力強い剛毛の描き方を試してみましょう!

これは筆ペンの筆跡を
効果的に使う表現です。

なのでその見た目から
和風・浮世絵風のイラストに
非常に向いている描き方です。

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

このインパクトある
剛毛の描き方のコツは、
筆先を太めに紙に置き、
筆先を勢いよく紙から離脱させる
イメージで描いてみてください。

 

筆ペンの先を、

チョン(描き始め)

ビュン!(描き終わり)

というリズムに合わせてはらい、
その強弱が筆跡に表れることで
躍動感のある毛並みが生まれます。

このチョン・ビュンという
韓国スターの名前の様なリズム(笑)
を意識し、直線の動きに合わせて
手元ごと動かすと綺麗に強弱がでます。

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

この強弱のメリハリが
あればあるほど、
イラストに力強い雰囲気が出てきます。

描き始めに筆先を深く
付けすぎてしまうと、
ボテッとした生え際になってしまう
ので注意して欲しいっす。

 

描き方次第で
毛並み以外にも応用できる表現なので
しっかりとチョン・ビュンしましょう!

筆ペンガスキダカラ〜!

 

化け猫感すごい。筆ペンで巻き毛を描くコツ

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

最後に上図のような
くねくねとクセの強い巻き毛を
描いてみましょう!

主に浮世絵風イラストを描く際に
荒々しい表現妖怪っぽい表現
使えそうな描き方です^^

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

やや難しそうな
この巻き毛の描き方のコツは、

徐々に筆先を紙につけていき
S字の中間まで描く

残り半分は筆先を浮かせながら
サラッとはらいながら描く

このステップを素早く行います。
描き始めと描き終わりが均一な太さに
なるように意識すると綺麗な巻き毛になります。

今回も猫っ毛同様、
手元はなるべく一箇所に固定しながら
指先で筆ペンを操ってみましょう!

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

始めは力の入れ方が掴めず、
線が歪んでしまうことがあります。

そういう場合は練習用の紙に
思い切り大きく早く描いてみて
自分の線を客観的に観察
してみましょう。

力を紙の上に一度発散させるような
イメージです。

 

これを何度か繰り返すうちに、
自分の筆跡のどこに余計な力が
入っているのか、
自分の「描き癖」が見えてきます。

この「描き癖」は、
“こう描けばきれいになるだろう”と
個人が無意識に考えている美意識の
ようなものです。

この意識が強すぎると、
中々柔軟に筆ペンを動かすことが
できずに上手く描けないので
一度練習用の紙に描き散らかして
コツをつかんでみましょう!

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

前の2つの描き方と同様に
体の傾きに合わせて巻き毛を
生やしていきます。

ある程度密集させることで、
良い感じにもじゃもじゃするので
本数を調節しながら描いてみましょう。

顔は炎が燃え上がるような動き
上方向にメラメラと生やしていくと
インパクトのあるイラストになります。

 

巻き毛が描けるようになると
毛の長い生物の雄々しい表現や、
浮世絵風の妖怪や神獣などの毛を
描く際にも応用できます。

是非マスターして表現の幅を
広げてみましょう!

 

まとめ

和風 浮世絵 浮世絵風 イラスト 猫 描き方 書き方 Kenji Iwasaki 岩崎健児 筆ペン かわいい 簡単 日本風 イラストレーター フリーランス コツ 画家 絵

さていかかがでしたか?

・柔らかい猫っ毛→筆先を軽く紙に付け、カーブを描きながら外側にサッとはらう

・力強い剛毛→筆先を太めに紙に置き、直線を意識しながら外側へ短く素早くはらう

・クセ感ある巻き毛→徐々に筆先を紙につけていき、筆先を浮かせながらはらう

 

どの毛の描き方も、
描き終わりはきれいにはらうことが
ポイントです。

筆ペンの細い毛先を存分に利用して
描き終わりまでこだわって
描いてみると浮世絵風の毛の表現が
可能になります。

 

是非楽しみながら練習してみてくださいね^^

それでは、
次回の『色塗り編』でまた!

チョン・ビュン!!!

 

 

Kenji Iwasaki(岩崎健児/IWA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です