海外ドラマのイラストをInstagramに投稿したら超バズった理由

TheOA 海外ドラマ 浮世絵 岩崎健児 Kenji  Iwasaki 海外 画家 イラストレーター

『Instagramには拡散性がなく,投稿だけではフォロワーが増えない』

こんな記事をネットで見かけたことはないでしょうか?
結論から言うと,これは大間違いっす。


「インスタのフォロワーを増やしたい」と
思っている人の中には,
その方法をググったことがある人も
多いのではないかと思います。

ただ,それら多くの記事には
・適切なハッシュタグをつけよう!
・雰囲気を統一しよう!
・イラストのみ投稿しよう!(クリエイターの場合)
・いいね!フォローを積極的にしよう!

…など「いやもう知っとるわ!」と
言いたくなる事ばかり書かれています。

そして決り文句のように,
最後に付け足されるのは
「Instagramは拡散性がない」という文言。
わかった,わかったからもう許して


…からの? そんな,
Instagram=拡散されない
という常識が覆るような現象が
僕の身に起きたので共有したいと思います。

Instagramでバズる為の機能は一応は存在する

拡散性オワコン!
と各地で囁かれているインスタですが,
拡散させる為の機能や方法は一応存在します。


拡散したい写真に対して,
『投稿をシェア』することで
自分のフィードにその写真を
再投稿することができる機能(リポスト)。

写真のスクショを撮って,
キャプション欄に@から始まる元の投稿者名を
表記する方法(メンション)。


これらを使用すれば,
自分のフォロワー以外にも
自分の投稿を表示させることが可能です。

ただしお察しの通り,これらの方法では
フォロワー数が多い“強アカウント”に
シェアされない限りバズることはほぼ無いです。

この点はTwitterと同様っすね。
じゃあどうするの?

ある海外ドラマの主演女優と監督が僕のイラストを…

強アカウントにシェアされなければ
拡散は期待できない__。

ならば初めから,
その強アカウントに
シェアしてもらえる様に
投稿をカスタマイズする
ことが妥当です。


以下はこの独自のカスタマイズ方で
僕が一枚のイラストを投稿して
フォロワーが激増した際の話です。

一晩で200人フォロワーが増えたんだが

僕はよくInstagramに,
映画やドラマの浮世絵風イラストを投稿しています。


その日は,
フォロワーさんからのリクエストで
海外ドラマ『The OA』(Netflix)の
イラストを描いて投稿しました。

翌日Instagramを開いてみると,
大量のいいね!と
200人のフォロワー増加の通知が届いていたのです。

「どうした」
通常一度の投稿で
ここまで反応があるのは珍しく,
驚いた僕は通知欄をくまなくチェック
してみたんすよね。

すると,
Instagramの青い公式マークがついた
アカウントが『The OA』のイラストを
先述したメンションの方法で
シェアしているのが目に留まりました。
フォロワー4万人超の“強アカ”です。

「誰だこれ」
と僕は以前感じたことがあるような
奇妙な感覚を覚えながらも,
そのアカウント名をググってみました。

その結果,
彼はなななんと『The OA』の監督だったのです。
本国では著名人である彼の投稿から
多くの『The OA』ファンが
僕のアカウントに流れて来た結果,
一晩でフォロワーが200人も増えていたのです。


この日は寄せられたコメントに
返信するだけで半日過ぎた記憶があるっす。
(現在監督の投稿は何故か削除されています笑)

主演女優さんがシェア,更に増えるフォロワー数

その後も
ジワジワとフォロワー数が増える中,
ここで二度目のバズが起こります。

次は,
主演女優のブリット・マーリングさんが
イラストをシェアしてくれた
のです。
こちらもフォロワー30万人超の“強アカ”です。

彼女の投稿によって
再び僕のフォロワー数が増加し,
この時点で+300人フォロワー数が伸びていました。

その後一ヶ月間はフォロワー数が
コンスタントに増え続け,
この間600人増加までカウントできました。

ちなみに,
ピーク時の勢いはありませんが
この出来事がきっかけで
現在もブリットのアカウントから
僕のアカウントへフォロワーが流入し続けています。

ちなみにのちなみに,
その後ブリットとはよくメッセージを
やり取りするようになり,
『The OA』イラストの印刷が欲しいと
言われたので発送したらとても喜んでいました。
(監督への誕生日プレゼントも兼ねていたそうです)

TheOA 海外ドラマ 浮世絵 岩崎健児 Kenji  Iwasaki 海外 画家 イラストレーター

まとめ

「Instagramは拡散性がない」
とネット等では謳われていますが
今回の出来事でそれは間違いだと心底実感しました。

(恐らくバズったことがない人が
書いた情報なのでしょう…
と若干意地悪く思ってしまいました…笑)


さて,これまで書いたように
インスタでバズらせるには
有名人やフォロワー数が多い
“強アカウント”にシェアされること
が重要です。

冒頭でもチラッと触れましたが,
これを実現させるためには
それ用に投稿をカスタマイズする必要があるんすよね。

その具体的な方法
こちらの記事で紹介しています。
興味があれば是非お試し下さいね!


Instagramは
画家として海外をターゲットに
していくうえで重要なツールです。

サービスがいつまで継続されるかは
分かりませんが,
ここでファンをがっちり確保
しておくことをオススメします!


それではまた次回!

IWA/Kenji Iwasaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です